Tel 080-4822-0055
Tel/Fax 050-3409-7257


守護霊

 

 守護霊は”基本的には”すべての人についています。

 ただ、一生の中で何度か入れ代わったりすることはしばしばありますし、まれにですが守護霊がついていない状態の人もいます。(この場合は、守護霊が望んで離れた場合と、望まずとも離れざるを得なかった場合があります。)
守護霊は主に先祖など、血縁関係のある人がなっている場合が多いようです。ただ必ずしもそうという訳でなく、人や人以外の神仏などがついている人も散見します。人が昇格してそれらととって変わることもあります。まず全くの他人が守護霊になることはなく、何らかの縁があるものがなっているのが守護霊と言えます。



 守護霊は基本的に自分自身、分身ともいえます。

 守護霊のタイプは個人の生前からの性格に由来することがとても多いです。
おせっかいで、何でも先回りして助けるタイプの霊、経験重視で痛い経験でもさせてからでないと導かないタイプの霊な
ど、さまざまです。

ですから、おせっかいな守護霊がつくと大きなトラブルは未然に防がれ、何をしても結局は上手く世渡りしていくという
ように、いろいろな面で過保護な位にガードされます。経験第一主義の守護霊だと、傷ついて初めて失敗を覚えさせるよ
うな感じで、出会いや交際も多いが、その度に傷つき別れたり、人間関係や仕事などでも悩みが多くなりがちです。前者
は恋愛の経験も比較的少なく、無難な友人に囲まれ、人生の波もあまりなく平凡です。後者は壁にぶちあたったら自分で
乗り越え、学習し、人間的に成長できるチャンスが大きいとも言えます。


 どんな守護霊でも”基本的には”100%その人の味方です。

 どのような属性の守護霊がついていようとも100%味方である事には変わりはありません。えっ、こんなのが守護霊な
の?と思っても安心。ただ、本人が他人を常に傷つけるような言動を心からしていたり、(そのような波長を持っていた
り)、極めてマイナス思考の塊で全く前を向いて進もうとしない人などからは、守護霊は離れていく傾向があります。こ
の場合、守護霊が本人とどの程度向き合っているかの度合いが重要です。

上記のような人は守護霊からのサポートをだんだんと100%受けられなくなっていきます。そしてゆくゆくは離れます。
真冬の外へ、裸で放り出されたのと同じになります。


 厳冬の郊外に例えると、守護霊は温かい毛皮のコートです。

 外の気温を変える事はできませんが、本人の体温を保持します。本人が望むなら何時間でも寒い屋外を歩く事もできま
すし、デートにも行けます。ドライブにもいけます。仕事にも、レッスンにも通えます。

コートがなければ寒くて歩くことすらすぐに不可能となるでしょう。
このように、本人のやる気をサポートこそすれ、何もしなければ、何も起こりません。

ごくまれに守護霊がいない状態でも、一見社会的に優雅に過ごしているように見える人がいます。ただし、その人には必
ず何らかのトラウマや生まれた目的に反した生き方をしている部分があり、他方面の努力や前世からの徳の貯蓄の差し引
き合計で一時的に均衡点よりも浮上している状態に過ぎません。


 守護霊が強いからといって、この世で成功しているとは限りません。

 守護霊に祈ったからと言って宝くじを当ててくれたり、就職の斡旋はしてくれません。あくまでこの世で成功している
人は時代にマッチしているかという要素も重要だからです。

”原則として” 一般には守護霊を強化する事や、入れ替えたり、抜いたりすることはできません。また守護霊を選ぶことも
できませんし、守護霊の格(守護霊になれる一定の基準)を持たない霊は守護霊にはなれません。私の鑑定では、守護霊
の声を直接聞いている人には、今の所会っていません。


 守護霊がいないと、真夜中にライトもなく一人で歩いているような状態になります。

 仕事も人間関係も、何をしてもうまくいかず八方ふさがりで、気持ちも不安定になりがちになります。この状態で上手
く回っている人をほとんどみたことはありません。人によっては過去数日〜数か月、数年いないケースもあります。この
場合は必ず原因がありますので、その原因に早く気付き、守護霊についてもらう事が第一となります。


 守護霊は時に入れ替わることがあります。

 また守護霊は、その霊の生前の得意分野だった能力を伸ばしてくれたりする指導者的立場を取る場合もありますし、指導役と守護役の複数の守護霊がつくことはよくあり、本人の性格や嗜好、行動力に影響を及ぼします。守護霊の性格と本人の性格は基本的にリンクします。

 
 
振り子波動研究所
Copyright (C)  振り子∞波動研究所, All Rights Reserved. 
当サイトにおける全ての画像、文献及びシステムの転用を硬く禁じます。